過払い金請求について

ここでは大手の消費者金融であるプロミスやアコム、アイフル、レイクに現在借金を返済中で過払い金請求を検討している方に見て頂きたい情報を掲載しています。また過払い金請求・任意整理をするのにおすすめの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。少しでも参考になればと思います。法律事務所と法務事務所とでは代理出来る範囲に限度あり、費用面や扱う金額なども含めて一概にもどちらがおすすめなのかをまとめる事は出来ませんが、法律事務所であれば全ての事に対応可能なのでおすすめと言えます。

過払い金請求には10年以内の期限がある

過払い金には返還請求出来る期限が定められていてその期間は10年以内です。何を持って10年以内とするのかは消費者金融などの貸金業者との取引を終えてから、完済してからとされていますので過払い金が発生してからではない事に注意です。CM等で過払い金請求の期限を間違えて捉えてしまうような表現で広告が出されている場合があります。過払い金は金利が高い10年ぐらい前の時の払いすぎていた分ですから、その時にいかに返済していたのかで過払い金額が変わってきます。過払い金は本来払わなくても良いお金で貸金業者にお金を貸していたと捉える事も出来るので、その金利分も請求する事が可能です。

借金返済中の過払い金請求で注意しておきたい2つの事

消費者金融の借金返済中の場合には注意しておきたい事があり、以下の2つです。

債務整理扱いになってしまう事がある

借金返済中に過払い金の返還請求をして実際に返還された場合、残っている借金と相殺をされますが、過払い金が借金を上回らない場合は任意整理として扱われ信用情報に傷が付いてしまいます。また上回った場合は過払い金返還請求として扱われるので債務整理として扱われる事はありません。

返還請求した業者からは今後借りる事が出来ない

一度返還請求をするとその請求先からは借入が出来なくなるので、今後も利用したいリピーターの方は返還請求しない方が良いかもしれません。しかし、消費者金融は世の中に1社しかないわけではないので返還請求をして今後借入したいのであれば他を探してみてはどうでしょう。